株式会社横浜銀行の年収・評判/法人営業は激務?女性営業マンの口コミ

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:なし
年齢:24歳~26歳
退職(勤務年数4年~5年)



女性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:大学卒
文理:文系



年収:450万円
残業時間:45時間


社内における自分の年収状況:年収内訳は、基本給300万円、残業代50万円、賞与100万円。年収はこの会社の同期と比べて若干高いくらい。人事評価が高かったので基本給が若干高かった。それでも年間20万円くらいのものだが。役職がつかないとほとんど差は出てこない。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(2.625)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(2)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(3)
仕事内容

職種:法人営業


法人渉外、債権管理。法人渉外の業務は一般的な法人営業。毎期目標の融資金額を持ちながら、定例返済で融資残高は減っていくので、減った分の新規融資案件を営業により獲得する。近年ではそのほかにも営業する項目は非常に多く、法人保険、個人保険、投資型商品、関連会社紹介、代表者個人ローンなど多岐にわたる営業を行っていた。債権管理は不良債権の回収。住宅ローンなどは穏便に対応するし、重大な案件は担保を強制的に処分したりもする。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

シンプルに数字を追いかけて、同期と競争を続け切磋琢磨して、会社の変わらない評価基準で評価をされて、ということに疑問を感じない人なら銀行の仕事は楽しいかもしれない。

客商売なので結局は上客ありきだし、接待もあるしプライベートは飲み会だらけ。体育会な組織であることは間違いない。なので体育会が性に合っている人にとっては悪くない仕事であるかもしれない。高い目標を達成した際には賞与にも反映されるしやりがいを感じるかもしれない。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

新卒は勉強はできるが、我が強くない人物が歓迎される。個性が強い人はやはり上司がコントロールしづらかったり業務の特色とも合わないので歓迎されない。

コミュニケーション能力が高ければ、人海戦術に使えるので、頭が多少よくなくても採用される可能性はある。あとはおじさんおばさんウケがよさそうな美男美女も同様。

地銀なので東大京大なので超高学歴はコミュニケーションに問題があっても学歴だけで採用される事例はいくつもあった。しかしそういう人は大抵うつになる。

人事制度や出世コースについておしえてください。

初任店(新卒ですぐ配属される支店)はそこまで気にする必要はない。大きい店だから入社時の評価が高いという関係性はないように感じた。

出る杭は打たれる風土がある会社なので、若いころに大型店舗で非常に活躍していたというタイプの人はやっかみも受けやすいし、少しのミスで出世コースを外れてしまうことがままある。

地道にコツコツ、作業が細かくミスをしない、上司には素直に従う、という優等生タイプの人かもしくはザ・体育会系で体力があり人付き合いもよく飲み会が得意という人のどちらかが昇進しやすい。学閥は、慶応大学については確実に存在した。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

ワークライフバランスは非常に取りづらい。私は総合職の外勤だったので、モーレツに働く男性たちと業績を張り合っていたため休暇は非常に取りづらかった。残業は月45時間ほど。女はすぐ休めていいよな~という同僚にも同調しないと同じ土台で戦っていけない苦しさがあった。

定時の間はずっと外回りをして、戻ってきて残業時間で報告書や稟議を書くように指導されていたので残業ありきの業務組み立てだった。そのため残業代がついていたので気持ちの折り合いはつけられていたが、だんだんと残業が禁止される方向になりエア退社のような状況の社員もたくさんいて精神衛生はよくなかった。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

総合職:支店長1300万円、副支店長1200万円、課長900万円、課長代理1000万円(プレイングマネージャーなので賞与など手当てがつきやすい。そのため課長より高給なことがままある)、5年目以降600万円、~4年目400万円。

役職への到達年齢は、支店長50歳、副支店長45歳~、課長35歳~、課長代理30歳~。課長代理に上がったところで大きく年収が変わる。

同年代で横並びなのは5年目までで、その後はドラスティックに差がついてくる。地銀とはいえ腰巾着だけでは昇進は不可能。ストレス耐性があり、サラリーマン気質で頭もいい人がぐんぐん出世していく。課長までは能力で上がれるが、副支店長以上になると恣意的な判断も交じってくるので、学閥の要素だったり学歴だったりの要素は多少なりともある。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

地銀という業態が縮小していくのが明確な業界。地銀では最大かつ資産量も大きいので吸収合併の波で吸収する側に立つのは間違いないが、横浜銀行内部でも徐々に役職のポストが減ったり、残業カットで実質的な賃金カット、横並び昇進の廃止などで従業員はどんどん苦しい局面に立たされている。

新卒採用の学歴も見るからに下がってきているのを感じるし、魅力的な業界ではなくなっているのが事実だと思う。じり貧の地銀業界では生き残るだろうけども…という印象。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

総合職で一生勤め上げたいという場合はおすすめしない。運が良ければ一生ぶら下がりもできるが、自分が一切関与していない部下の不祥事で、上司であってしまったがために本社の閑職に追いやられたという事案を何件も見てきた。組織が巨大なので、自分のキャリアを自分でコントロールできないのは大きなリスクでもあると思う。

それでも会社に身を任せ、同期に遅れないように懸命に働き続けることができるということであれば止めることはしませんが…。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性管理職は本部が増やしたい方針を明確にしているので、私も在職時に「将来君には銀行を背負って立つような女性管理職として能力を発揮してほしい」ということはよく言われた。

それは置いておいても、役員や大型店の支店長にも女性は登用されていたし、仕事の鬼のような女性もちらほらいて、男性が彼女たちを蔑むようなことはなかった。地銀とはいえ横浜なので都会的な感覚があったほうだろうとは思う。バリバリやりたいまじめな女性のことは応援してくれる。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

社内恋愛、社内結婚は非常に多い。昔も今も変わらない。総合職の男性と一般職の女性が同じ営業エリアや支店で結婚して、女性が異動になるというのが鉄板のパターンである。

そして総合職の女性は社内では残念ながらモテない。転職して転職先の人と結婚したという話はよく聞くが、やっぱり地銀を選ぶ男性は保守的な人が多いので、攻めの姿勢の女性というのは苦手なのかもしれない。

オフィス環境についておしえてください。

桜木町駅から徒歩5分程度。桜木町からみなとみらい駅への動く歩道の間にある。ランドマークタワーと直結。横浜を拠点にするなら非常にアクセスは良いと思う。

勤務環境はもちろん固定席で、バブルの時期に自社ビルを建てたので無駄に大きく立派な本社ビル。空き部屋がたくさんある。かといって銀行はセキュリティがあるのでテナントを入れるなんてもってのほか。よってスペースには非常に余裕があるし、エレベーターもすぐにやってくるので執務環境は悪くない。

最上階の会議室からは横浜が一望できて、ここで入社式や表彰式なんかをやっている。

回答日:2019-02-22  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事