JA共済連|全国共済農業協同組合連合会の年収・評判/30歳の損害査定職の給料、残業、やりがいは?

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:なし
年齢:30歳~33歳
現職(勤務年数7年~8年)



男性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:大学卒
文理:文系



年収:600万円
残業時間:10時間


社内における自分の年収状況:年収内訳:基本給400万円・残業50万円・ボーナス150万円ほど。年功序列なので役職のつく~50歳くらいまでは、同年代であればほとんど同じ給与です。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(4.125)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(3)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容

職種:損害査定


自動車共済の査定業務。弊社は人に対する生命共済・建物に対する火災共済・車に対する自動車共済の3つの共済を軸に事業を行っております。このうちの自動車共済の査定業務であり、具体的には営業から寄せられる「どんな場合に払えて、どんな場合に払えないのか」という質問への回答や自動車共済を請求された方への支払査定および連絡、事故被害者への連絡と示談代行を行っています。また、示談代行については、5人ほどのチームで行っているもののまとめ役も担っています。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

自分が対応してきた契約者・被害者さんに感謝の言葉を言われたときが最もやりがいを感じます。また、業務を効率的に行うための施策を考え実施し、効果が表れた際には同僚からの感謝の言葉も相まって強いやりがいを感じます。

一方で、示談代行という仕事柄、色々な人と接するため、コミュニケーションにストレスを感じることが多いです。ただ、利害関係が対立する者との交渉事という特殊な仕事は稀有な経験であり、今後のキャリアにおいて交渉力というスキルが身に着くことは非常に有効と考えています。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

本部~支部の現場レベルごとに採用を行っているので、求められる人材像等はそれぞれ異なります。私個人は本部採用なので、その前提で話を進めると、本部仕事になるので、問題解決力とその基礎となる地頭の良さが評価されます。また、グループ横断的な仕事が多いので、コミュニケーション能力(特に様々な性格の人にあわせられる柔軟性)も評価されます。この能力の有無が採用においても重要だと思います。

仕事のできて人当たりの良い人は社風に合いますが、ガツガツした当たって砕けろ系の方は合わないです。

なお、中途採用入会は嘱託職員を除いてありません。

人事制度や出世コースについておしえてください。

学閥は少なからず存在しますが、「大学の集まりを通じて上の人と仲良くなる機会が増える」という程度です。決まった出世コースというものは存在せず、3~5年周期で様々な職種を異動・経験していきながら、評定が蓄積されていくイメージです。

評定制度自体は年功序列ではありませんが営業職はなく、数字に表れない仕事が多いため、納得感を感じる人・感じない人がいると思います。こうして蓄積された評定をもとに課長・次長と出世する人が決まっていきます。評価される人は、仕事柄、ガツガツとパッションで仕事をする人よりも冷静的確な仕事をこなせる人が多いように思います。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

仕事はすべて自分で完結するので、休みを取ることで他人に迷惑を掛けることは殆どありません。また、仕事量も通年してそんなに多い訳ではないので、休みは非常に取りやすいです。残業は月10時間ほどですが、こ残業は、通常与えられる業務の改善施策の考案・実施のために積極的に行っているものであり、与えられた仕事をこなすだけなら時間内で十分完結します。有給消化は年間12日ほどですが、金融機関なので長期休暇も取りやすく、年に5営業日の連続休暇が有給休暇と別に与えられます(逆に取得しないと指摘されます)。これを利用して、海外旅行などを楽しむ方が多いです。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

私は、総合職の7年目で年収600万円程度です。40歳ほどで課長に昇格し、40代中盤で年収1,000万円に到達することが多いように思います。毎年昇給はあるものの、5年に1度ほどのタイミングで大きな昇給があります。昇給額は、あまり実績評定に左右されず年功序列によるところが大きいです。

出世についても基本的に年功序列ですが、50歳ほどから(役職にすると次長~)競争が発生します。そのため、若いうちは、あまり給与差は発生しません。一方で、能力差は結構開いておりますので、出世競争ではその部分が如実に反映されているように見えます。中途・新卒の差についてですが、基本的に中途は正職員採用をしておらず、専門職の嘱託職員に限られています。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

内需型事業で、潜在的なリスクのヘッジを売りとした事業なので、事業自体がなくなることはないと思います。特に、製商品製造に設備投資が必要なわけではなく、また「リスク」という漠然とした商材なので、開発畑の工夫次第で広く需要を喚起できます。

現状の経営状況は財務状況・財務指標から見ても安全ですが、国策の真っただ中にあるので、日米関係・与党の動きなど次第で直近1、2年内に大きな動きが発生する可能性が高いです。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

給与・福利厚生やステータスを含めた待遇は社会的にかなり高い方だと思います。また、有給休暇は取りやすく、年1度の長期休暇(GW・年末年始休みは別にあり)もある一方で、休暇を取りにくい雰囲気もないので、ライフワークバランスは非常に取りやすいです。

人間も一定の倍率の入会試験を通ってきた人たちなので、人間関係に問題が出るような人間性の人はおらず、おだやかで優秀な人ばかりです。ただ、現状イケイケの成長企業ではありません。これらの企業特徴を希望される方にはおすすめします。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性の総合職が少ないです。しかし、女性だからどうこうという風土は一切なく、育休・産休・時短勤務は一般職の女性は勿論、総合職の女性も皆さん取っています(ほぼ100%?)。このような時期には、周りが忙しくなってでもサポートしないとという意識が強いように思います。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

以前は一般職の女性を多く新卒雇用していたので、社内結婚も多かったようです。しかし、単純作業のデジタル化により一般職採用が大きく減少したので、社内恋愛はあまり期待できません(いるにはいます)。主には、プライベートで知り合った方との結婚が多いです。

オフィス環境についておしえてください。

大分県大分市の大分駅に最寄りのオフィスになります。最寄り駅からは徒歩8分ほどで、大きなストレスとなる距離ではありません。

オフィス環境としては、自分の机が用意されており、パソコンも一台専用物が貸与されます。ロッカーなどはありませんが、机が大きいので荷物を置く分には問題ありません。部屋・お手洗いともに綺麗で、事務所は自社ビルの3階~に位置しますが、エレベーターがありますので問題ありません(エレベーター混雑もなし)。

回答日:2019-03-04  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事