株式会社プレステージ・インターナショナルの年収・評判/地域限定社員の仕事内容、残業は少ないが給料は低いと口コミ

回答者プロフィール
性別

地域型総合職(エリア限定)
役職:リーダー
年齢:34歳~36歳
退職(勤務年数4年~5年)



女性
中途採用
雇用形態:正社員
学歴:大学院卒(修士)
文理:文系



年収:195万円
残業時間:2時間


社内における自分の年収状況:年収内訳は、基本給140,000円、残業6,000円、通勤手当144,000円、賞与120,000円。この年収は、秋田のオフィスでは周囲と比べて同程度か、微々たる差だが高いと思う。周りの同年代は中途採用が多いが、採用後の離職率も高い職場のためキャリアアップし昇給につなげている同年代がほとんど居ないため。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(2.5)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(1)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(2)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容

職種:テレフォンオペレーター


BPO企業のカスタマーサポートを中心に行う事業部にて、大手健康保険組合からの受託による健康診断の手配を担当するチームへ配属。主に健診の電話受付や手配や医療機関契約に関する業務に携わった。内容としては、受診者や医療機関対応を行うテレフォンオペレーター業務、クライアントへのエスカレーション(対応依頼書の起票、メール授受、電話相談)等を行うリーダー業務、新人研修やモニタリング等の品質管理をするトレーナー業務を並行して行っていた。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

<やりがいを感じるところ>
エンドユーザーのお困りごとを迅速に解決できた時やプラスαのサービスを提供できると、直接感謝を聞けるところ。また具体的な業務改善案が通りやすいところ。研修を担当した新人の実務での成長を見届けられるところ。

<大変なところ>
女性が多い職場で人間関係の細かな相談ごとを受けることが多く、そのつど細かい調整(同じ業務にアサインしないなど)が必要なところ。クレーム対応も多い職種のため人員が安定しづらく一人あたりの負担が大きいところ。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

中途採用だったが、採用された理由としては基本的なPC操作(officeソフト、タイピング)スキルが会社規定の水準をクリアしていたこと。また、地方の拠点のため、面接時に明瞭に会話ができるかと、訛りがないかなどが見られた。

なお、入社時点の待遇は全員同等からのスタート。その後評価を担当する立場にある人との関係性(日頃どのくらいコミュニケーションがとれているか)や、その人との関わりの長さ等で評価が変わる傾向が高いため、中途採用の方に関しての評価内容は適性でないことが多いように思われる。

新卒採用の同年代はほぼSVやマネージャークラスで活躍していることが多く、中途採用より高い役職のため給与・待遇面でのギャップが大きい。

人事制度や出世コースについておしえてください。

私自身が所属していた拠点については開業から勤務を継続している人がそのまま管理職になるケースが多く、特に女性管理者の場合は、仕事の評価よりは公私にわたり深く関わっている人を恩義で出世させることが多い印象が否めないので納得しづらい。また割合として男性が少ないため、一定年数勤続している30代後半から40代の男性は態度や仕事に問題がなければ出世しやすい環境にある。

出世する人材としては、成果主義とも年功序列とも言い切れず、ずば抜けたスキルを持った人か、ビジネススキルは持ち合わせていないが上司とのコミュニケーションをうまくとれる人かに二分されている印象。スキルを持ち合わせていても上司の好みによって適正な昇進・昇給がなされていないケースが多々あり不満の声も多く聞く。ただ、その評価方法については社内的にも問題となっているようで最近は全社的に具体的な改善に取り組むことになったようである(定量評価できる部分を多く個人の課題に組み込み、なるべく私情が入らないようにする。評価が特定の管理者による好みで偏らない仕組みづくりなど)。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

残業は月2時間で、有給休暇も全日消化しており、ワークライフバランスは取りやすい。閑散期はほぼ定時退社が可能。

また、全社的に残業への監視が強化されているため、上司から事前に依頼された場合のみ残業をする仕組みになっている。また繁忙期の残業についても事前にカレンダーに残業可能な日と時間を書き込み上司へ提出し、残業がある場合でも事前に申告した時間を超過することはない。またweb打刻とルーム退室の時間に乖離があると、注意・確認があるためサービス残業もできないようになっている。

家庭や子育てと仕事を両立している女性が多いため、お子様のイベントのための有給休暇は取得しやすい。長期休みについては計画の提出はあるがそれを実現できることはほぼない。ただ、業務によっては暦通りの休みで稼働することもあるためその場合は有給と組み合わせて大型連休を取得することも可能。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

<年収>秋田の地域限定社員のテレフォンオペレーターについては、一般職:年収150万円、リーダー職:年収180万円くらいのように思う。2003年の拠点開業から秋田で継続勤務している人がそのまま管理職となっていることが多いため、30代後半~40代の管理者が大半を占める。

<手当>通勤手当は距離に応じ(参考:18㎞マイカー通勤で12,000円/月)支給。スキル手当(アソシエイトに適用。3,000円から12,000円までスキルにより月給へ加算)、管理者手当、繁忙期手当(クライアントや事業部実績により変動)

<福利厚生>
社食の一部会社負担、iPad、iPhoneの割引購入、社屋併設の自動車整備工場にてタイヤ・オイル交換や車検を低額で利用可、社内の専用ルームにてマッサージ無料(時間制限あり。マッサージ師常駐)、昇給タイミングは年に1回、年齢制限等を特に設けない中途採用が社員の大半を占めるため年齢は給料に響かない。同年代でも管理者か否かで年収は大きな差があり。管理者候補としての入社を除いては、新卒・中途・年齢によって年収に大きな差はない。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

IT関連業務の需要が高まることが予想されているため、IT関連部署については今後も事業拡大するかと思う。また、労働人口不足により安価なアウトソーシングの需要は今後もあるかと思う。

一方でIT化によりカスタマーサポートや経理・事務などは今後AIで代用できる時代になることが予想されるため業績があがっても雇用は確実に減少すると思う。また、本社が東京であるため、何か会社の危機があったときに地方拠点の優先度は低く縮小される可能性もあると思う。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

育児や家庭と仕事を両立させたい女性には、有給取得がしやすい部分や周りからの理解が得やすく託児所も完備されているという点で、おすすめできる部分がある。またお子様の急病などで早退する方も多いため肩身が狭くなりづらい利点もある。

ただ、生活水準を一定に保てず将来設計もしづらい給与水準という点と、大所帯のためキャリアアップもしづらく、クレーム対応や24時間勤務の部署もありストレスも多い職種のため、総合的にはおすすめできない。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性社員が多い企業のため、女性管理職の道は比較的ひらけている。また、社内的にも女性が活躍できる環境を推進するプロジェクトに力を入れていることや、子育て経験がある女性管理者も多いため育休・産休・時短勤務については「持ちつ持たれつ」の意識を持つ人が多く理解は得やすい職場だと思う。

時短勤務中の評価や収入に対する不満を聞いたことはあるが、両立についての理解を得られるという点では働きやすいという声もあった。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

管理者同士や片方が管理者という社内恋愛・結婚は比較的よく耳にする。しかし一般職の給与水準が極めて低く、未来についても明るい展望が持てないため一般職同士の恋愛・結婚の話はほとんど耳にしない。

独身の方は社外の習い事やスポーツ同好会、婚活パーティーなどで出会うことが多いよう。また、会社としても女性単身者向けに独身男性が多い企業とのバーベキューイベントが一度開催されたことがある。

オフィス環境についておしえてください。

最寄り駅:羽越本線新屋駅

駅から歩行者専用通路を利用し徒歩10分。

固定席か変動席かは配属先や業務により異なる(セキュリティ管理が厳しい業務は変動席など)。ロッカー設備はあるが、貴重品を除く私物のルーム内持ち込みは一切禁止されている。

お手洗いは複数あり、仮眠室、普通車軽自動車用駐車場、社員食堂、軽食販売、託児所、地方銀行ATM、マッサージルーム、飲食物の自動販売機などがあり。ルーム内は加湿器、観葉植物、インフルエンザ予防のため自動噴射型の消毒の機械がある。

回答日:2019-03-28  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事