日本ヒューレット・パッカード株式会社の年収・評判/リファラル採用、海外との業務経験で優位に採用口コミ

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:なし
年齢:30歳~33歳
退職(勤務年数1年~2年)



女性
中途採用
雇用形態:正社員
学歴:高卒
文理:なし



年収:860万円
残業時間:40時間


社内における自分の年収状況:年収の内訳は、基本給480万円、みなし手当120万円、残りがインセンティブ。この年収は比較的高い傾向です。リファラル採用であったこと、業界経験者であったこと、海外とのコミュニケーションがとれることが大きな要因だったと思います。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(3)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(4)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(1)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(2)
仕事内容

職種:営業


チャネルパートナー様(販売店様)へのパソコン、プリンタ、サービスの販売営業が業務です。パソコンおよびプリンター製品部門の中の営業部門のひとつで、販売店向けの営業組織になります。間販ビジネスを得意とする企業であり、会社内では期待も人員も多い組織となります。その中で特定の販売店様を複数名にて担当しておりそのチームリーダーとなります。販売製品は、パソコン、プリンタ、サービスが担当製品です。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

外資系特有で、オーナーシップを持つ範囲は非常に広く、また自身で手を挙げることで色々な仕事を任せてもらえます。また、予算使用についても一定の範囲で任せてもらえるため、様々な経験を積むことができます。

一方で時間配分や業務のやり方などは自身で見つけていく必要があり、上司や先輩、人事によるトレーニングなどは期待できません。自身で考え動ける方にはとてもやりやすい環境ですが、指示命令がないと動けないと大変に感じると思います。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

中途採用で入社しました。採用の決め手となったのはリファラル採用(社員紹介採用)だったこと、業務経験があり業界理解度が高い即戦力だったこと、海外との業務経験あったことが大きく上げられると思います。

採用された際の給与はリファラル採用だったことから通常採用よりも高いです。基本的にリファラル採用の方が高い傾向にあり、リファラル採用、エージェント経由、自身での応募の順に給与が高く、採用されやすい傾向にあります。新卒採用よりも中途採用の方が昇進、昇給は早く、高いです。

人事制度や出世コースについておしえてください。

出世する人材は自身の責任範囲を大きく持ち(仕事を断らない)、その中で実績を上げることは大前提ですが、その過程の中で上司、マネージャーとコミュニケーションをとり進め方や結果を都度合意して進められる人になります。

実績だけだと公平に評価されないケースがあり、コミュニケーションをとっていくことが重要といえます。また上司とのコミュニケーションの中で出世や昇給をしたい、上昇志向が強いことは常にコミュニケーションしておく必要があります。主張しておかないとチャンスがあっても上司が上昇志向がないと思っていたり等、ずれが生じることでチャンスを逃すことがあります。

評価制度は年功序列ではなく成果主義ではありますが、成果だけでなく過程も重要視する傾向にある為、先に記述下コミュニケーションが重要になってきます。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

月平均残業時間は40時間程度で、みなし手当で考えられている目安が30時間のため、残業は少し多いです。業務というよりもミーティングや社内申請業務が多く、その点が残業につながっています。また新製品発売開始時は業務量が多くなるため、その時期の負荷が多くなります。(年に2、3回)

年間の有給休暇消化日数は20日間、会社から与えられる有給休暇付与日数は20日で、有給休暇は取れますが、バックアップ体制はないため、休暇中もパソコンを持参して空き時間に業務を行うなどをしながら取得するイメージです。ワークライフバランスは自身でコントロールしない限りはとれないので(上司がサポートしてくれるわけではなく、コントロールも自身の業務範囲、という考え方)、やり方を考える必要はあります。在宅勤務は週2-4回までOK、勤務場所もフレックスワークプレイス制度の為、そういった制度を利用してバランスをとることは可能です。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

職務レベルとペイバンドと呼ばれる給与レベルがあり、それにより給与が変わります。また、ノンインセンティブとインセンティブ有の職種に分かれており、ノンインセンティブは固定給、インセンティブ有は、7-8割が固定、残りはターゲット達成に応じてとなります。

職務レベルについては、エントリーが400万程度~、インターミディエットが550万程度~、スペシャリストは750万程度~、エキスパートは1000万程度~、マネージャーは1000万以上となります。

インセンティブ有の職種の方が比較的年収が高く、昇給も早いです。ノンインセンティブ職は残業手当がつき、インセンティブ有の職種はみなし手当がつきます。昇給は基本年一回ですが、業績が良い場合や若手育成向けで30歳以下や入社一年未満の方限定など、不定期で昇給プログラムが発生するタイミングがあります。また、インセンティブとは別にボーナスプログラムが発生する際があり、特定条件に対しての達成率(例えば特定製品の売り上げなど)で、インセンティブにプラスしてボーナスを獲得できます。ボーナスプログラム以外にも年間アワードなど受賞した際は追加ボーナスが獲得できます。

また、同年代であってもインセンティブ有の職種の方が年収が上がりやすい傾向です。また、新卒よりも中途採用の方が年収が高く、新卒は年収が上がりづらいように見えます。昇進、昇給は人事判断ではなくマネージャー判断となるため、マネージャー次第となります。良いマネージャー、公平なマネージャーではない場合、不公平に感じるケースがあります。また、基本的に昇進、昇給は自身で交渉していかないと上がらないため、マネージャーとのコミュニケーションが重要となります。

福利厚生は、通勤手当、確定拠出年金制度、ウェルボックス、社内購入割引などがあります。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

アメリカ本社企業でありITでは老舗企業で、日本で業績が悪い場合や良い際に投資してほしい場合などの資金力はありその点は安定していると思います。またテクノロジーにおいてもリードしている企業であり、アメリカ政府や大手企業を顧客としている点からもセキュリティや生産基準は非常に高く、リスクマネジメントの観点からも優れていると思います。一方で業績が悪くなると人員カットや早期退職を促すなど対応が早く、対象となる場合のリスクが発生します。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

自身で仕事をコントロールしたい方にはとてもおすすめします。経験のない分野であっても自身で立候補することでチャレンジすることができ、一定のオーナーシップを持たせてもらうことができるため経験を積む意味では非常に良い環境といえます。

一方で業務にしても働き方にしても自身でコントロールしなくてはいけないことから、できない場合は残業が増え業務効率も実績も悪くなる傾向にあり、そこに上司やマネージャーのサポートが多くはないため、苦しい状況になりがちといえます。

また、人事よりも上司やマネージャーの裁量が大きいため、マネージャーによっては公平性を感じないこともあるため、自分次第になってしまうケースが多いです。そこに期待している方にはあまりおすすめしません。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性管理職は非常に少なく、そこに注力しているプログラムもありません。育休、産休、時短勤務は取れますが、それにより仕事の評価を下げたり、元々実施していた仕事に戻れないケースも散見されます。

制度自体は取れるが、業務範囲はあくまで実施する必要があり、自身でコントロールしなくてはいけないという状況です。また、特に両立支援プログラム等があるわけではないので、規定の制度の中で自身でコントロールする形です。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

以前は社内結婚が多かったようですが、新卒人数が減り既婚者の中途採用人数が増えており平均年齢があがっていることから、社内結婚は減っているようです。IT業界内での交流は多いためそこで出会うケースは多くあります。

オフィス環境についておしえてください。

本社は最寄が半蔵門線もしくは都営新宿線の住吉駅から徒歩12分、もしくはJR錦糸町駅から徒歩15分となります。どの線も都心部から来るのは通勤時間帯は込み合うので利便性は悪いです。

オフィス環境は、営業職はフリーアドレス、他業種は固定席です。近場にレストランやカフェなどは少ないですが、本社内にスターバックス、コンビニ、カフェテリアがあるため、食事には困りませんが飽きてきます。

ただ、フレックスワークプレイス制度が使えるので、会社におらずとも仕事ができます。

回答日:2019-04-02  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事