武田薬品工業株式会社の年収・評判/高卒、工場生産職の給料、残業、仕事内容は?

回答者プロフィール
性別

生産職(工場作業職)
役職:なし
年齢:27歳~29歳
現職(勤務年数10年~11年)



男性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:高卒
文理:理系



年収:560万円
残業時間:10時間


社内における自分の年収状況:年収内訳は基本給27万5000円、残業30万、ボーナス150万。周囲の同年代の工場社員と比べて同じ年齢の方と比べて平均よりは高いほうです。理由は評価が平均的に高いため、昇給額が平均より多い為となります。それ以上ももちろんいるので、平均より少し高い程度になります。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(3.875)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(4)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(5)
仕事内容

職種:医薬品の製造


所属部署の役割の一製品の製造から出荷までの管理をしています。私は製造側になります。仕事内容は医薬品に使用する水や機器の管理。ガイダンスに規定されている文書管理。製造記録についての計画作成、入力。製品中身が外に流出していないかを定期的に試験をして確認。各国から定期的に査察官が来られて査察が実施されるため、査察使用準備および査察の対応。試験を実施して製品の性能を確認。また設備の性能も同様に確認。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

仕事のやりがいに関して言えば、私の仕事が直接製品に関係しているわけではないですが、それを補助する仕事内容であり、縁の下の力持ち的な状況です。製品には関係ないけど、私がいないとまわらないことがあるので、そこにやりがいを感じています。

大変なところについては人数が少なく、仕事の多様化がもとめられることです。一つ一つの仕事は大きくはないのですが、上手く計算して実施しないと時間がたりなくなり残業となってしまいます。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

入社時に歓迎される方は「変化していける方、コミュニケーション能力のある方、医薬品製造業務の経験がある方、英語が出来る方」。採用についてスキルが考慮されます。特に英語はできないと新卒入社は難しいです。

なお、かわいがられる人材は自分から積極的に仕事に取り組む方です。上司に仕事をふってもらうことを待っている方は取り残されやすい傾向にあります。また、生産職は覚えることが多く、ミスが許されにくい職場なので、アクティブだけど記憶力が危うい方は他の職場のほうが良いと思われます。

なお、中途入社された方については、実力がある方は班長に昇進しているので、評価はある程度は実力に見合っていると感じています。

人事制度や出世コースについておしえてください。

「出世する人材の特徴としては自分で物事を調べて学んでいける方が多いです。学歴は関係ないです。評価制度は成果主義です。」となっていますが、実際は学歴ある方のほうが学んでいくので結果として出世しやすいです。また評価は成果主義ですが、成果に関わるようなことに携われるのは学歴ある方や役職ある方が多いです。結果として大卒の方、役職ある方が出世しやすいです。

中には立候補して自分から業務をもらいに行く方もおり、そのような方は評価されやすいです。評価は直近の上司(班長・係長)の意見も入ってくるので、評価者の一存ではないのである程度は公平になりやすいです。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

残業時間は月10時間程度、有給消化は年間15日程度です。

ワークライフバランスは直近は取りにくくなっています。理由としては作業員の退職による土日祝のシフト出勤が大きな要因となっています。基本は土日祝が休みなのですが、退職により二人でまわさないといけないため、月の半分は土日祝が仕事、平日が休みとなります。それにより家族や友人との時間がとれなくなってます。有給取得はもともと取りやすかったのですが、人数削減の影響もあり、とりにくい状態となってります。GWやお盆休暇、年末年始の世間一般的な長期休暇は基本的にはあります。但し、そのうち1日2日だけ出勤することもあります。

フレックス勤務は班長以上の役職ある方のみとなっております。一般の方はフレックスはなしで、残業代がつくため、仕事が溜まっていても残業してはいけないといわれます。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

製造の年収は一般が500万円~600万、班長が600万~700万、係長700~900万、課長1000万となります。役職は30代半ばで班長になる方が多いです。係長は空きがでたら班長だった方がなるので40歳前後の方となります。

手当ては長期連休の際の出勤手当て、夜勤をしたときは残業代に係数をかけた額となります。福利厚生は生命保険、火災保険等があります。また会社にテニスコートや体育館、柔道場などの運動施設があります。

大きな昇給タイミングはクラスがあがればあります。評価でよい結果の方ほどクラスがあがりやすいです。クラスは基本的に6段階あり、最初が5で班長は3、係長が2が目安となります。年齢と給料は比較されておりませんが、仕事の出来具合のため年齢が高い方のほうが年収は高くなる傾向になります。同年代で比較すると年収に差はでてきます。中途・新卒での差はとくにありません。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

医薬品の製造と安定しやすい職種のため将来の安定は他業種よりあると感じています。周りの方も有名大学を卒業されている方や、同種の会社からこられた方など頼りになる方が多いです。なので何かあったときに信頼できます。会社も大きい為、異常が起きた際の対応ルートがしっかりと制定されているところも安心できます。

不安点としては医薬品は特許がきれるとジェネリックがでてくることです。そのためつねに新薬を開発していかないといけません。開発関係については不安が残ります。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

この企業で働くことは個人的にはおすすめ致しません。理由は、人数が少ない状況で大量の仕事をまわさないといけない側面があるからです。覚えることが多く、また覚えたことも変更されやすいため、ずっと勉強していかなくてはならず、心が休まりません。そのため変化していける方でないとついていけません。

雰囲気としては決して悪くはなく、休暇のしやすさや人間関係、評価制度などはしっかりしております。苦労することがわかっているので、覚悟のない方には決しておすすめいたしません。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性管理職は実際に何人もいらっしゃいます。実力のある方は男性女性関係ないと感じております。

育休・産休・時短勤務は女性の方は取られている方が多くしやすいと感じております。育休からもどってきても評価は考慮される制度となっております。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

私の部署に関していえば社内恋愛はほとんどありません。社外の出会いで多いものとしては学生時代の友人、学生時代の友人からの紹介がほとんどです。

あとは少数ですが、婚活や街コンなどに参加されてお付き合いし、そのまま結婚されたかたもいます。

オフィス環境についておしえてください。

大阪工場。最寄り駅は大阪の阪急線の十三駅です。オフィスは二つあり、ひとつは固定席、もうひとつはフリーとなっております。

最寄り駅から正門までの距離は徒歩で8分程度。屋根はないので雨が降ったときは傘が必要となります。お手洗いは毎日清掃されてありますが、階数によってはない場所もありますので別階に行かないといけません。

ロッカーは着替えるように一人一つあります。また、小物をいれるように製造の建物にひとつあります。ロッカーと製造の建物は別場所になります。

回答日:2019-04-24  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事