住友理工株式会社の年収・評判/40代大学院卒中途社員の仕事口コミ

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:グループリーダー(課長相当)
年齢:44歳~46歳
退職(勤務年数15年~16年)



男性
中途採用
雇用形態:正社員
学歴:大学院卒(修士)
文理:理系



年収:850万円
残業時間:50時間


社内における自分の年収状況:年収内訳:残業手当はない。ボーナスの額面は200万円。年収比較として、社内の同年代に比べると年収は低い。入社当時に会社になじめず、昇格が遅れたため。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(2.25)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(1)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(1)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(1)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容

職種:技術


①技術系スタッフに対する教育プログラムの企画・実施。企業が永続的に発展するために必要な素養やスキルを明確にし、それを若手スタッフに習得してもらうための研修プログラムを企画し、一部は自ら講義を行っている。②社内の問題解決支援。社内には様々な問題があり、それらを効率的かつ正確に解決していくことが求められる。問題解決の進め方をレクチャーし、技術者が自ら問題を設定し、解決できるスキル習得を支援している。③データ解析支援。社内には様々なデータがあり、適切なデータ解析が問題解決に必要である。データ解析方法を指導するだけでなく、高度な解析は自ら実施している。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

やりがいは、自分で問題を考えてそれを解決する方法を自ら考えて、実行できる機会を与えられることである。また、部下をどのように成長させるかも考える必要があるため、その部下が成長できた姿を見ると、やってよかったとやりがいを感じる。

大変なところは、上位者の方針がころころ変わることである。朝令暮改と言ってもよいくらい、よく変わるため、上位者の考えの変化をいち早く察知する必要があることが大変である。これに気づかないと、無駄なことをしてしまうことになるからである。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

中途入社だったが、採用された決め手は、前職と同じ職種だったため、実績を評価されたと考えている。入社時のランクは、新卒で入った同年代より少し下だった。昇格試験で是正できるチャンスはあるが、中途入社の人材が社風に慣れるのに時間がかかるため、なかなか挽回は難しい。総じて、中途入社組の採用ランクは少し低いと感じる。

最近は是正されたが、入社当初は結構ブラックな環境で、中途採用社員としては慣れるのに非常に苦労した。新卒で入社した人はそれを当たり前に考えていたので、ギャップを感じた。

人事制度や出世コースについておしえてください。

顧客と向き合う事業部門に所属し、かつ、その中でも主流の防振事業部またはホース事業部に所属すると昇進が早いです。海外赴任経験者は出世しやすい傾向がある。また、上司の意向を捉えて、上司に引き上げてもらえる人が出世する。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

顧客と向き合う事業部門のメンバーは、残業が多いためワークライフバランスがとりにくいようである。最近、働きか方改革が叫ばれており、残業に対する目は厳しくなっているにも関わらず、人員は増えず、やることが変わらないため、最前線のスタッフは疲弊している。

正月、ゴールデンウィーク、お盆に7~10日程度の連休がある代わりに、その他の祝日は出勤日である。メーカーであるため、工場の連続稼働が基本であることと、重要顧客であるトヨタにカレンダーを合わせるためである。

フレックス勤務は、申請すれば可能である。在宅勤務はまだ制度化されていないが、制度を整備中と聞いている。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

役職と年収の目安
統括部長:1200万円、部長:1000万円、課長:900万円、掛長:800万円、班長:700万円

各役職の到達年齢
統括部長:55歳 部長:50歳 課長:45歳 掛長:40歳 班長:35歳

職掌として、事務・技能職、総合職、基幹職があり、職掌の中に等級がある。等級および職掌が変わったときに、昇給がある。年齢は給料に影響なく、職掌と等級のみで決まっている。役職手当も存在しない。等級が変わるときに昇格試験があるため、同年代でも等級に差が生じ、その結果年収差も生じる。

中途入社は多い方だが、昇進に差があることはない。ただし、入社当初の格付けが、新卒から入った同年代の社員と比べると、少し厳しい傾向がある。また、海外赴任すると昇格しやすい傾向がある。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

当社の主力製品は、自動車用の防振ゴムとホースであるが、自動車業界で進むCASEに付いていけていないと感じている。電気自動車が普及すると、防振ゴムと燃料用ゴムホースのニーズがなくなることになり、大きな打撃となるように思う。

CASEを見据えた新製品開発は進めているものの、製品開発に向けて社外から人材を採用する動きが鈍く、開発にはかどっているようには見えない。また、社員にもあまり危機感が見られず、正直将来が安泰な会社とは考えられない。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

待遇は、他の周りの企業と比べても悪くはない。休日は完全週休2日制であり、長期連休がある。有給休暇は最大年間20日与えられ、最低6日/年は取得するよう強制されるので、休みが少ないということはない。

人事考課に対しては不満を持っている人が多く、公平に評価されているとは感じない。

自動車業界は大きく変わっており、グローバル化も加速しているが、その動きに対してキャッチアップできていない。このままではまずいと感じる人は多いが、具体的な行動につながっていないので、将来性があまりない。したがって、この企業で働くことは長い目で見ると、おすすめできない。

女性が活躍しやすい環境ですか?

わずかではあるが、女性の管理職はいる。育児休暇、産休、復帰後の時短勤務制度の整備されており、実際に利用している人はいる。業務評価も、男女に差があることはないので、女性管理職になる道が閉ざされているわけではない。

しかし、大卒で入社した女子社員は、結婚を機に辞める人が多く、管理職になりたいという気持ちがそもそもないと考える。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

社内恋愛から結婚に至るカップルは多い。会社で出会いの場を設定することはないが、同期で結婚に至るカップルが多いようである。社外の出会いの場は、大学の時の知り合いが多いようである。愛知県の大学を出た社員が多いので、休日に会ったりしているようである。

オフィス環境についておしえてください。

JR春日井駅から名鉄バスに乗って30分ほどの「住友理工前」バス停前に勤務先がある。事務所内はいたって普通で、固定席である。門から自部署のオフィスまで徒歩5分程度かかるため、雨の日はバスから降りてからオフィスにつくまでに濡れてしまうことが多い。

事務所内にはトイレがあり、また工場敷地内にもトイレが設置されているので、トイレに困ることはない。ロッカーは1人最低1個は用意されており、更衣室で着替えることができるが、作業服で通勤する人も多い。

回答日:2019-05-27  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事