三井不動産ビルマネジメント株式会社の年収・評判/30歳直前の業務職の給与、残業、仕事内容口コミ

回答者プロフィール
性別

その他
役職:なし
年齢:27歳~29歳
現職(勤務年数1年~2年)



女性
中途採用
雇用形態:正社員
学歴:大学卒
文理:文系



年収:520万円
残業時間:30時間


社内における自分の年収状況:年収内訳は基本給:230,000円、残業:50,000~150,000万円、ボーナス:700,000万円。社内の同年代とはほぼ同じだが、人事考課が高いとボーナスが上がるため同じ職位の中では少し高い。6段階のうち上から2番目の評価だった。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(3.375)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(4)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(3)
仕事内容

職種:業務職


従来、オフィスビルのマネジメントが事業として成立していたが、労働人口の減少やテレワークの導入のような流れで別の収入源となる事業の確立が検討された。そこで台頭してきたのが、企業の受付や研修・BPO等といったソリューション事業の確立である。自身の担当は後者ソリューション事業のうち、施設運営を担当。具体的には、親会社が所有するコワーキングスペースの運営・スタッフ管理であり、コミュニティ醸成やビジネスマッチングがメインミッションである。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

やりがい:人柄がよい人が多く、勤務時間中にイライラすることはほとんどない。親会社のおかげで、いわゆる東京や地方都市のシンボリックな商業施設やビルのマネジメントができるため、やりがいは感じやすい。また、直接のクライアントやユーザーと直接やり取りをする立場の会社であるため、人の役に立っていると感じやすい。

大変なところ:親会社との調整で、土台が固まらないうちに業務が振られ対応に困ることがある。親会社へ仕事を振り戻す能力が必須。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

自分が採用された決め手として、エージェント経由のフィードバックによると「人柄」、入社後社長から直々に「前職での経験値の豊富さ・金融業界でのスピード感のある仕事の進め方」とフィードバックされた。

入社した際のランクはあまり適切でなく、しかも昇格までに3年間同じランクに留まらなければいけないので、転職を考えている。

この会社においては中途入社の人の方が一般的に優秀であるが、能力が昇格にどのように影響があるかはまだ分からない。新卒採用の人は、仕事を進めるのが遅い方も多い。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

残業時間は年間平均して」月30時間ほど。(閑散期:20時間 繁忙期:50時間)業務職・一般職は女性ばかりで、時短や産休・育休などとても取りやすい雰囲気がある。有給の取得率も全体的に高い。私自身も昨年度は20日消化している。

ただし、総合職になると有休取得率は一気に下がる。土日に働いている人も少なくない。長期休みはどの職種でもきちんと取れている。シフト勤務は部署やチームによって発生するが非常に少ない。

フレックス勤務が導入され、コアタイムは10:00~16:00。コアタイムが長いが、チームでの仕事も多いため仕方がないと思っている。親会社が所有している大企業向け法人サテライトオフィスの利用ができ、それに活用は非常に有効である。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

総合職
非役:400万円
チームリーダー:700万円
グループ長:800万円
部長:1000万超

業務職
非役:400万~
※職位が5段階あり、職位が上がるごとに数万円上がるが、新設されたばかりの職種であり上がり幅は不透明。

一般職
非役:400万~
※職位が5段階あり、職位が上がるごとに数万円上がる。

到達年齢
チームリーダー:38歳
グループ長:45歳前後
部長:50歳(親会社から出向がほとんど)
役員:55歳(親会社から出向がほとんど)

チームリーダー以上になると、残業手当がなくなりその代わり一定額が支給される。最低40万円。福利厚生はリソルのサービスが使える。6万円分の宿泊代に値するポイントが会社負担だが一回の支払いの50%まで適用できないため、自身でも毎回50%は必ず負担しなければならない。

近年中途採用に注力しているが、昇格に差があるかどうかは不明。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

親会社がある限り安泰だとは感じる。近年の売り上げ・経常利益では業界トップであり、少なくとも東京オリンピックがある2020年までは上昇傾向である。またそれ以降についても、バブル崩壊時のような低下の仕方はしないのではないか、との見方も強い。

一方で、日本全体における労働人口の低下やテレワークなどの場所に縛られない働き方の潮流もあり、明確な収益事業を打ち立てられない場合、当社自体の売り上げ・経常利益の行き先は不透明である。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

おすすめする。私の転職理由はワークライフバランスを整えることだったからある。有休を取る時も心置きなく取得できるし、上司も全くいやな顔をしない。総合職であったとしても、残業も自身の仕事の進め方次第で40時間以内でできる場合が殆どである。

ただし、自身のスキルアップや自己研鑽、経験値を積むというような点を重視する場合にはあまり適した職場ではない。マネジメント層がいわゆる50代の長居している層であり、そこにテコ入れすれば会社の将来も変わると思う。

女性が活躍しやすい環境ですか?

まず、女性管理職は一人もいないという現状がある。業務職・一般職はいわば女性向けの職種となっており、100%女性で構成されている。その職種の育休・産休・時間勤務は非常に取りやすいと思うが、管理職の場合は異なると感じる。

現に、管理職についている男性たちの残業時間の長さや有休消化率の低さが物語っている。

この企業に転職入社した方は、前職・ご出身企業・経歴について教えてください。

前職社名:日本生命保険相互会社
前職入社:23歳、前職退職:28歳
雇用形態:正社員、CS総合職(地域限定型総合職)
役  職:主任
前職から本職への年収推移:600万円→520万円

転職の決め手となった能力・スキル:
営業時の社会人マナー、成果が出るまで徹底する達成力。長年の歴史で培われた会社に蓄積された営業スキル・営業ツール、営業のマネジメントスキル。オンラインでの指導者層への教育方法・それに必要な資料作成スキル。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

社内恋愛は多く、総合職と一般職という組み合わせが多い。部署をまたいでの飲み会も多く、社内での出合いは多い。また、不倫や浮気などの話は全く聞かず、「人の三井」という言葉は本当だと思う。

社外での出会いについては部署や担当案件によって差が大きい。

オフィス環境についておしえてください。

現在の本社は東京メトロ日比谷線 東銀座駅が最寄りである。部署によって違いはあるものの、フリーアドレスが導入されているところもある。駅からは徒歩3分程度だが、屋根がない道路であり雨天時は傘が必須である。

お手洗いは古いビルながらもビルマネジメントの会社ということもあり、清潔に保たれている。ロッカーは一人に一つあるが、フリーアドレスの人にはやや小さいように感じられる。打合せスペースが十分に確保されており、別階にカフェが入っているのも快適である。

回答日:2019-05-29  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事