三井不動産リアルティ株式会社の年収・評判/営業の口コミ、社風はおだやかでやさしい

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:副主任
年齢:27歳~29歳
退職(勤務年数3年~4年)



男性
中途採用
雇用形態:正社員
学歴:大学卒
文理:文系



年収:550万円
残業時間:50時間


社内における自分の年収状況:年収内訳は基本給23万円、残業6万円、資格手当2万円、ボーナスは夏冬各80万円~110万円。年収は同じ年齢の社員と比べると平均的かと思います。というのも同年齢の新卒ですと入社7年目となり役職もほぼ同じなので。実績によるボーナス変動はそこまで割合が多くない企業でしたので。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(3)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(2)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(3)
仕事内容

職種:不動産仲介営業


中古・新築の戸建、マンションおよび土地の販売における仲介営業。住宅や土地を購入したい買主に対して、物件の案内から契約、銀行ローン、決済、引き渡しまでのサポートをする。また、戸建や土地、マンションを売却したい売主に対して販売活動、進捗報告、契約、決済、引き渡しまでのサポートをする業務。買主・売主双方より決済終了後に仲介手数料を頂き、それが収益源となります。営業メンバーは5人おり、副主任としてメンバーをまとめる役割でした。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

会社としてではなく個人としてお客様から信頼された時にやりがいを感じていました。取引が終わった後にご友人や知り合いの方を紹介して頂いたりすることもとてもうれしく感じました。

大変なところとしましては、買主と売主という利益が相反する間に立つので、お互いの主張が平行線になってしまう場面が多々あり、間に挟まれて身動きができなくなってしまうことが大変でした。また、金融機関や役所、税理士、司法書士等多くの関係者と連携をとり、進めていくことも苦労した点です。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

採用された決めては実績と資格だと思います。前職の金融機関での営業成績と、不動産関係に必須な宅建の資格を保有していたことが大きいと思います。採用時はA2というランクから始まりました。第二新卒でしたが業界未経験でしたので、妥当だと思います。

周囲の中途入社組は経験者等もおり、それぞれ適切なランクからのスタートとなっていました。

新卒採用の同年代に比べて一年目はあまり変わらない立ち位置でしたが、二年後にから昇進や給与の差がしっかりとでてきました。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

良くも悪くも自分で全てスケジュールを管理できるので、ワークライフバランスは取りやすかったです。会社全体としても残業を減らす動きがありましたので、帰宅時間は年々早まっていました。残業発生理由としましては、お客様の都合にあわせて業務を行う場合が一番多かったです。

繁忙期としましては、3月、12月頃が一般的ですが、あまり時期によって大きな偏りはありませんでした。有給取得はしやすかったです。ただし自分の営業成績が悪いときは少し取りずらい空気を感じました。長期休みはお盆と年末に一週間ほど。また、ゴールデンウィークも全て休みでした。フレックス勤務や在宅勤務等はなかったと思います。しかし基本的に平日が休みとなるので少し不便さを感じました。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

副主任500万円~600万円、主任600万円~800万円、所長800万円~1200万円というのがおおまかな平均年収となっています。新卒は4年~5年後に副主任、7年~10年後に主任、その後の実績次第では15年~20年後に所長へと昇進する可能性があります。営業実績がボーナスに反映するため、同年代でも年収差は開きます。

また、中途の場合は2年~3年で副主任に昇格でき、基本給与も新卒よりは高く設定されています。実際には新卒から副主任、主任までの階層が6つ以上分かれており、(A3、A2、A1、P3、P2、P1)実績次第で飛び級等もある。ランクごとに基本給与も上昇していくシステム。第二新卒の中途だとA2からスタートするシステムです。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

今後中古物件の価値は見直されていくことや、空き家の増加は続いていくと思うので近い将来での需要はそこまで減少しないのではないかと思います。また、今後を見据えて海外での活動も進めていましたので、企業としてはそこまで危険要素はないのではないかと思います。

しかし業界的には古い体質なので、ITやAI事業といった部分との融合がない限りは、将来性はあまりないのではないかと感じます。東京などの大都市以外での不動産価格の下落に歯止めがかからないのも不安要素の一つです。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

トータルだとおすすめします。社風は比較的穏やかで、人もとてもやさしい印象でした。待遇も同業他社に比べて平均水準かやや高いくらいだと感じました。休暇も前職に比べ圧倒的にとりやすく、実績に対しての評価も妥当性があります。平均的に年齢層が高いので、安定して落ち着いて仕事をしていきたい方には特におすすめできると思いますが、若手で上昇志向が高い方にはあまり向かない職場だと思います。

女性は一般職としての入社であればおすすめできますが、総合職となると拘束時間やプレッシャーがあるためおすすめしません。

女性が活躍しやすい環境ですか?

あまり開けていないと思います。営業担当の場合、強いプレッシャーと、顧客に合わせて休日対応せざるを得ないシーンが多いので、女性が子育てと両立するのは難しい環境だと感じました。

顧客も会社員の方が多いので、女性社員が時短勤務をし、育児をする時間と顧客と接することができる時間が同じであるのも理由の一つだと思います。

この企業に転職入社した方は、前職・ご出身企業・経歴について教えてください。

前職企業名:株式会社筑波銀行、
前職入社年齢:22歳、退職年齢:26歳、
前職職種:営業、前職雇用形態:正社員、前職役職:一般社員
前職から本職への年収推移:400万円→550万円

前職から本職に採用された際のステータス:
資格(ファイナンシャルプランニング技能士2級、宅地建物取引士)、経験(個人営業としての金融商品等の販売実績)、能力(個人、法人顧客に対しての営業態度、営業スキル、住宅ローン等の金融知識等)。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

社内恋愛、社内結婚は多くみられました。総合職の男性社員と一般職の女性社員の間において。特に出会いの場が会社として設けられていることはないのですが、イベント等も多く、そういった機会に出会いが生まれていることもあるみたいでした。社外の相手ですと、同業の方ではないほうが多い印象でした。

オフィス環境についておしえてください。

常磐線我孫子駅にある事務所についてになります。席は固定席となっており、駅前ロータリー沿いにあるため駅から徒歩1分でした。

雨には少し濡れますが、傘なしでも駅から到達できます。お手洗いは従業員とお客様用が併用となっており、しかも男女共同で1つでしたので、女性社員からは不満の声がありました。ロッカーは女性にのみ使用が可能であり、倉庫兼ロッカー室という場所にありました。事務所内は非常に狭く、誰かの席の後ろを通るときは横向きにならないと通れない狭さでした。

回答日:2019-07-12  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事