株式会社日本製鋼所の年収、評価、仕事などインタビュー【口コミ】

株式会社日本製鋼所は明治40年に設立された大変古い企業で、発電所、化学プラントに用いられる特殊な鍛造品、鋳造品、プラスチックやマグネシウムの射出成形機など、各種の産業機器を製造している。

本企業で生産管理、総務、経理、人事を経験し、課長級以上に出世をしたというY氏について知る機会があったのでご紹介する。

同企業の中には、血縁関係がある社員も多く、家族に紹介したいと考えるほど会社環境は良かったという。役職が上がるにつれて、当然責任ある仕事に就くことになるが、残業自体はあまりないそうだ。通常であれば夜の7時くらいには家に帰っていた。

「年収は55歳で1000万以上でした。その後、天下り先の子会社もあり、天下り後は役員に就任することもできます。その年収もまた、1000万円を超えます。」

Y氏は高卒で株式会社日本製鋼所に入社した。生産管理、総務、経理、人事を経験したおかげで、会社のことはだいたい全体的に頭に入った。評価は年功序列の色が濃いものの、高卒のY氏が抜擢され、出世する土壌もあった。

「基本的には年功序列に違いないのですが、成果を会社が良く見てくれている。成果を見てくれている=仕事を任されるという事ですので 大きなプロジェクトの責任者に任されたりとかをやりがいと感じる方には とてもいい会社だと思います。」

現在は退職しているが、自身の孫の就職時にはぜひ勧めたいとにことだった。

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事