三井住友信託銀行の採用後の仕事内容、評価制度、年収など【口コミ】

銀行に比べて幅広い業務をカバーする信託銀行。通常の銀行業務に加え、不動産・証券代行・相続関連などの追加業務も行う。なお、資金調達の手段も銀行に比べ豊富であり、融資だけでなく、クライアントが保有する資産(動産、不動産、知的財産権)を信託してもらい証券化することで資金調達をすることも可能だ。

そんな信託銀行の中でも資産運用・管理事業、不動産事業を一体として展開することで知られる三井住友信託銀行株式会社。この三井住友信託銀行株式会社でリテール営業の事務をしていたWさんから仕事の話を伺った。

「リテール店にて営業事務をしていました。業務は主に、外訪担当者が管理顧客より預かってきた書類をチェックして入力部門へ回したり、外出先からの照会の対応などです。また相続の受付(死亡連絡受信)、紛失の受付、外訪担当者の指導(事務指導)などもあります。その他の店内での役割としては、事務効率化推進、CS担当、店内の運営がきちんと規則通りされているかの定期チェックを、それぞれの係で持ち回りで担当していました。またシステム統合のために店内で勉強会を実施したのですが、その講師なども私たちの仕事です。」

Wさんの仕事のやりがいは、大量の書類さばきと個客対応だという。

「事務だったので、直接顧客と接することはかなり少ないですが、大量の書類をさばききったときは達成感があります。また、相続の対応業務で、ほかの銀行を差し置いて1番に当社に連絡をいただいた場合は大体手続きの流れを説明し、その後も逐次「次は○○の書類を取ってくださいね」などと案内することになるのですが、すべての手続きが終わったあとに「ありがとう」と言ってもらえることはとても嬉しくやりがいを感じます。

一方、信託銀行という銀行がら、顧客はお年寄りが多いです。そのため、妙にせっかちだったり、言っていることが変わっていったり、都合よく解釈されてしまったりすることが多いので、正確に、過不足なく必要事項をお伝えするのは大変でした。あと、おしゃべりが好きな方もいらっしゃるので用事の電話のついでに世間話につき合わされるのも大変です。」

Wさんは、社内で比較的残業が多かったそうだが、人間関係が良く、社内の先輩が声をかけてくれることもよくあったそうだ。

「残業は月につけることができるのが45時間までなのですが、実際は50~60時間程度でした。15時までは外訪担当者が預かってきた書類のチェック、入力部門への回付、顧客からの電話対応などで手がいっぱいです。
その後定時までは預かり書類の片づけなどを行い、自らの抱えている案件に取り組むことができるのは定時後でした。効率的にできる先輩方は定時内に進めることが出来る部分もありますが、わたしは手際が悪く、うまくはできませんでした。
社内でも珍しく店内の人間環境が良かったので、先輩からは「大丈夫?」と声をかけていただき、お手伝いをお願いしたこともあります。ですが、自分から言い出すのは気が引けますよね。」

Wさんの年収は400万円程度。評価制度については年功序列が色濃く残った成果主義だったという。上期下期の期初期末に面談を行い、期初に課題設定、期末に成果評価を行う。リテール店では課長が第1評価者、次長が第2評価者、支店長が第3評価者で最終的な評価が決まる。評価が高ければ店内の役職が上のものよりも多くの賞与をもらうことが出来る場合があるシステムだ。一方、ベースの給料は放っておけば勝手に上がっていく仕組みとなっており、年功序列がメインの給料体系になっているという。

女性は働きやすい職場だと思うか聞いてみると、
「産休、育休は取りやすい雰囲気です。ですが、その図は多数の独身女性の犠牲の上に成り立っています。特に育休復帰後の時短勤務ですね。時短だろうと社員1名と考えるので、手は減るのに人は増えません。その分ほかのチームメンバーに負担がかかります。配慮してくれる時短勤務者もいますが、権利を振りかざして周囲に迷惑をかける人もいます。
女性管理職の道は開けています。実際店内の主任はほとんど女性ですし課長も女性が半分でした。また途中から転勤で来られた次長も女性でした。仕事のできる素敵な方はきちんと評価されて上にいくことができます。」とのことだ。

最後に、三井住友信託銀行への就職はどのような方に向いているのか伺った。

「お金を稼いで、たまの休みには海外旅行に行きたい!結婚はする時が来ればできたらいいな!と考えている女性には、かなりおススメの職場です。実際、長期休みが年に何回か取れるのですが毎回海外に行かれる方が多いです。
私は事務でしたが、店頭の女性陣は本当にキラキラしていて、そこにいれば自分も女性として磨かれるのではないかと思うほどです。ただ、30歳を超えても独身の女性ばかりでした。特にプロパーの方はその傾向が強いです。転職組もほぼ独身です。でもみなさん独身貴族を楽しんでいらっしゃって、本当に勉強になります。

お休みはそれなりにとれるので、1年単位でのワークライフバランスは良いと思います。ですが、1日単位でのワークライフバランスを重要視される方はやめておいたほうがいいです。朝暗いうちから夜暗くなるまで銀行に閉じこもることが耐えられないなら、おススメできません。アフターファイブなどという言葉はありません。仕事の後に友達と飲みに行くの誘われた…だけど何時に終わるのか分からないからまた今度ね、なんてことは日常茶飯事ですよ。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事