NECソリューションイノベータの採用後の年収、社員評判は?【口コミ】

NECソリューションイノベータ株式会社は、特に警察、自治体、法務省などの官公庁、その他製造業系を主な顧客とするシステムインテグレーターだ。名前からも明白なNECグループに属する企業の一つだが、クラウド、SDN、ビッグデータ等のICT技術の領域が広く、セキュリティ技術は世界最高クラスと言われている。

NECソリューションイノベータ株式会社で技術職として働いていたI氏に、その仕事内容について伺った。
「プロジェクトマネージャーとしてユーザーとの仕様決定、開発メンバへの設計内容の共有、スケジュール管理、パートナー会社への要員の発注管理などをしています。
プロジェクトの開始からサービスインまでのすべての工程を管理していきます。ユーザーの窓口となり、ユーザーと共にプロジェクトを進めていく仕事です。マネージャー(課長級)として部署内のプロジェクト費用管理もしているので、プロジェクトの作業と部署内の予算管理、実績管理なども行っています。」

仕事のやりがいは、メーカー系のシステム会社なので、さまざまな業種のさまざまなシステム開発を経験することが出来ることだそうだ。
「携わったシステムのサービスイン対応は基本的にほぼすべてのプロジェクトで任されます。製造の一部分だけでは無く、開発したシステムがどうエンドユーザーに使われていくかを見届けられることが仕事のやりがいにつながっています。
大変なところは親会社、子会社関係なく1つの大手メーカーとしてユーザーへ責任のある対応を求められることです。いつでも対応が出来るようにグループ会社の人たちと協力してプロジェクトを進めていく責任感が求められます。」

そんなI氏の残業時間は、月に平均30時間程。管理職になるまでは多い時で60時間ほどだったそうだ。IT系企業としては非常に残業の少ない会社だといえるのではないか。若手、ベテラン、社員、パートナー会社の関係の垣根がなく交流が多いので、雰囲気の良い職場だそうだ。

そんなI氏の年収は、40歳時点の課長待遇で、年収700万円。昇給に関しては、賞与については成果主義、給与については役職ごとに定められた昇給が毎年あるそうだ。
「賞与の成果については、半期毎に上司と目標を決め、半期の最後に上司と評価について話し合います。目標はなるべく数値目標としてわかりやすく設定するので、達成すると正当な評価の賞与をもらえます。またこの成果は昇進にも関係します。資格取得の達成とこの評価制度での評価で1番上の評価が1つでももらえると、昇進が可能になります。そういった意味でも年齢に関係なく、成果によって昇進しその対価を給与、賞与に反映してもらえる会社です。」

また、育児をしている女性に関しては育児休暇を取得することが可能で、出産から育児の目処が付くまで年単位での休暇取得が可能だそうだ。また復帰したあとも育児のための時短勤務制度が設けられており、出産後も会社に復帰して仕事を続ける女性が多いということだ。女性管理職も多く、出産前、出産後に関係なく、資格要件を満たして管理職に付く女性も多いのがNECソリューションイノベータの特長だそうだ。

NECソリューションイノベータで働くのが向いている人材はどのような人材か伺うと、以下の通りだった。
「システム開発に興味のある人で、他の大手メーカーと比べている人には、NEC系の当社をぜひお勧めします。どの部署も職場が非常に明るく、仕事を一緒にしていなくても部署が違っても普段から交流があります。それは仕事の交流にもなり、いろいろな人から仕事を教わり経験にすることができる職場です。この社風はNECグループ共通のもので、当社の強みとなっています。この雰囲気は他社からは「ゆるい」と評価されることもありますが、それは他社には無い当社の強い個性であり、強みであると自負しています。」

▼20代若手第一官公ソリューション事業部のAさんの就職評判はこちら▼

職種はシステムエンジニアで、所属部門は第一官公ソリューション事業部というところです。主な仕事内容は、お客様とのシステム仕様に関する要件定義、設計、製造、テスト、運用保守となります。
NECソリューションイノベータは、主に公共機関や製造業を取引相手とするシステムインテグレーターで、セキュリティ技術に定評がある。 前回は以下の記事でNECソリューションイノベ

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事