電気主任技術者(第3種)資格取得!難易度、勉強方法、メリットなど

工場の電気設備を維持管理をしているまさごんたです。

電気主任技術者(第3種)資格取得のきっかけは、今の会社で、最初は製造ラインに居たのですが、設備管理へ転属になったことです。そこでは、近い年代の人達が多いこともあり、その人たちと配属された時点で仕事でのキャリアの差がついてしまっているので、何とか少しでも縮めようと電気関係での資格の取得を考えました。

まずは、比較的簡単な電気工事士の取得を目指したのですが、筆記試験は簡単にクリアできるのですが、実技がどうしても苦手で合格できませんでした。
そこで、筆記試験だけなら、受かるのではということで、レベルは上がったのですが、電験3種を取得しようと勉強を始めました。

電気主任技術者(第3種) 資格取得時の勉強方法

最初、独学で問題集と参考書で勉強を始めまして、一年目に理論しか受かりませんでした。
あとの3科目を受かる自信が無く、その時に購読していた電気計算という雑誌での広告で、ビデオ学習があることを知り、申し込みました。
ビデオのいいところは、とにかく電験三種の合格の秘訣は計算問題を克服することであるということで、徹底的に計算問題を教えてくれました。
その当時でも、かなり古い映像だったので大丈夫かと思ったのですが、ポイントがしっかりと押さえられており、他の問題集を福本式で解くことでで簡単に正解へ導けていけました。
また、ビデオですので、分からないところは繰り返し見ればいいですし、その学校へ質問を送ることで、教えてもらうことも出来ました。

電気主任技術者(第3種) 資格取得で大変だったこと

資格を取得したいと思ってから、3年かかってようやく合格をしました。なので最初の2年は科目合格のみだったので、合格出来なかった時のショックから、もう一年頑張らなくてはということで、資格取得のモチベーションと勉強時間の確保にとても苦労しました。特に、仕事がだいぶ順調に進み、いろいろと新しいことを覚えている中で、他の同僚達とほぼ同程度の仕事が出来るようになってきたこともあり、最初のきっかけとなる、同僚や先輩たちに追いつくために資格取得をするんだという気持ちがすり減ってくるのには困りました。

ただ、その頃、会社はあまり業績が良くなく、危ないという話も出ていました。なので、この資格を取ることで、いつまでもこの会社にしがみつかなくても、他所へ行ってもやっていける、もしくは独立して電気の仕事が出来るというように考え直しました。また、仕事は覚えてきて同程度は出来るけど、やはり他の人とは何か違う武器みたいなものを持ちたいと、勉強することで必ず自分のためになり、昇給・昇進にも必ず役に立つだろうと、自分に言い聞かせ、なんとかモチベーションを保って勉強しました。

電気主任技術者(第3種) 資格取得して良かったこと

なんといっても電験3種を持っているだけで、社外の方からの信頼度が上がります。電験は難しい資格だという事で、持っているだけである程度の知識があるということが分かるという話をよくいただきます。
また、年収に関してですが、毎年の昇給が他の人より上がり方が良いです。平均で昇給で3千円程度のところを、倍の6千円ずつ上がっています。
私は途中入社で同年代の人よりも職階が低かったのですが、この資格を取った頃から毎年の昇給がよくなり、今では、その方たちよりも職階が上位に居ます。
それに、夏や冬のボーナスの査定額も、上位職(係長)と同じ額を提示してもらっており、つくづくこの資格を取ってよかったと感じています。
最近では、資格手当も支給されるようになり、給与面だけを見るとかなりの年収UPになりました。

電気主任技術者(第3種) の取得を目指される方、ぜひ頑張ってください!!

                        (Talker:まさごんた)

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事