登録販売者の資格取得体験談!仕事が増え昇給も!【口コミ】

こんにちは、登録販売者の資格を取得し、ドラッグストアで働いているカタカタです!

登録販売者って、みなさんには聞きなれない資格名でしょうか?

登録販売者とは、一般用医薬品を販売できる資格です。医薬品全般を取り扱う薬剤師とは違うのですが、一般用薬品の中で、第2類・第3類のみ販売ができるのが登録販売者です。
わたしは当時仕事を探していたのですが、どうせ仕事をするならやりがいがあった方が良いかなと思っていました。そんな折、ドラックストアーの仕事をするようになり、以前からあこがれていた、医薬品の販売が出来るようになる登録販売者の資格をとって見たいとおもいましたので、上司に相談してみました。正直、上司に話をするのは勇気がいりました。この資格を申し込む人が職場の中に一人もいなかったからです。

登録販売者の資格取得のため、私の場合は職場で実施しているセミナーを利用しました。通信教育よりは安く教えてもらえるので助かりました。教材も職場のセミナーで用意してくれたものです。

職場で実施したセミナーでは試験に出そうな所を重点的に指導してくれたところが良かったと思います。セミナーで用意してくれた教本も文字が大きくてわかりやすくまとめてあり、勉強する上で、やりやすかったのです。
特に大事な所には全部、あらかじめ線が引かれてありましたので、その部分を何度も何度も読み直して暗記しました。本は全部に目を通す事が不可能ですので、そんな所に細やかな工夫がされている事がとてもありがたいと思います。

資格取得には一年間をかけての勉強となりました。どうしても途中で中だるみの時期が何度かあり、特に5月のゴールデンウイークの時期には、気分がのんびりして集中できませんでしたし、6月の梅雨の時期には暑さと蒸した不快感とで、体と心がまいってしまい、いくら本に目をやっても覚えられなくなってしまいました。
そしてなんといっても試験は9月のはじめの頃で、夏の暑さはピークとなり体がすっかりまいってしまいました。

ですが、職場のみんなに応援してもらえた事が、モチベーションを回復する一番の薬だったのではないかと思っています。また、上司も資格を取ることを知っているので、落ちたらハズカしいなという気持ちも正直ありました。
わたしは見栄っ張りですし、職場にいづらくなったら嫌だなという気持ちが強くあったので、絶対に落ちたくないという気持ちが私を勉強に向かわせてくれたのではないかと思います。梅雨の不快感や夏の暑さは思っていた以上につらいものでした。これをどう乗り越えるかが一番の問題でしたが、どうしても受かりたいという思いがあったおかげで何とか乗り切る事が出来ました。

はっきり言って仕事もありましたし、家事だってありましたし、体にも心にも負担があったことは確かでした。しかしながら、どうしてもこの資格を取得してみたかったので、ドラックストアーに就職でき資格にチャレンジできる、この機会をチャンスだと思って始めてみてよかったです。今までは普通のアルバイトだったのですが、この資格を取得する事で、医薬品の接客対応をするポジションを得るチャンスが出来ました。

登録販売者の資格を取ったことで、資格手当もつきました。ドラックストアーですと平均的に5千ぐらいです。時給の方は30円アップです。わずかではありますが、今までよりもお給料が多少違います。

資格は会社で公認となっていたので、職場のみんなが見守る形となっていましたので、絶対に恥ずかしいから落ちる訳にはいかないと言う気持ちでした。頑張って勉強をしたかいがあり、無事合格する事ができ、無事いい結果で終わらせることができてよかったなと思っています。

今、医薬品の店頭に立つために、薬の商品の勉強をして準備中です。

                   (Talker:登録販売者のカタカタ)

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事