OB訪問・OG訪問には2種類ある!その質問内容、命取り!

現在就職活動をされている学生さんは、企業調査のためにOB訪問、OG訪問している方々も多いのではないだろうか。だが、ここであまり意識されないOB訪問、OG訪問の2パターンについて記載してみようと思う。

(ちなみにOB・OG訪問のマナーはこちら↓
 OB訪問・OG訪問対策とマナー/メール文例・電話、服装、質問、お礼の仕方

OB訪問、OG訪問には2種類ある!

OB訪問、OG訪問している方々は、OB訪問、OG訪問のパターンが以下の2種類あることを意識しているだろうか?

 1.企業が仕掛けるOB訪問、OG訪問
 2.個人的な繋がりによって実現される、企業と利害関係のないOB訪問、OG訪問

1の企業が仕掛けるOB訪問、OG訪問とは、応募する企業から選出された対象が応募者と懇談し、情報交換するもの。2の個人的な繋がりによって実現される、企業と利害関係のないOB訪問、OG訪問とは、応募する企業のあずかり知らぬところで、その会社の社員と応募者が情報交換するものだ。

前者は、応募者が企業に依頼した場合や、OB・OG訪問のマッチングサイトサービスなどで発生発生する。マッチングサイトで1が多い理由は、企業が関係者をOB・OGとして登録させているためだ。
後者は、大学の就職課などで、同大学の先輩を紹介してもらうことにより実現する場合が多い。
この2種類のパターンについて意識していれば、質問内容や対応はだいぶ変わってくるはずだ。

1.企業が仕掛けるOB訪問、OG訪問について

 このパターンのOB訪問、OG訪問に行く学生は、もはや懇親会や情報交換などという考えは捨てていった方が良い。訪問時の対応は、全て企業に見られており、評価されていると考えるべきである。逆に、この訪問で「デキる」学生を見せつけることが出来れば、仮に選考に関係ないと言われていても、選考にいい影響を与えることが出来る。あなたがどういう人間か、社内では情報交換がされており、良い印象を与えられれば、次の選考官も社内でプラスの評価を付ける傾向にある。

 では、OB訪問、OG訪問という名の面接に、どのように挑むべきだろうか。よく服装、マナーなどの質問をされるが、この辺りは通常のOB訪問、OG訪問とさして違いがないと思って良いかもしれない。(ただし、接客業の場合、あなたの振る舞いや身だしなみを見られる可能性は大いにあるが。)最も注意を払うべき内容は、『質問内容』である。あなたは、どんな質問をするにしても、企業が『利益追求の団体』であることを忘れてはならない。労使の間で発生するような話題を深く掘り下げることは絶対にすべきではない。
あなたの給料は企業から見れば「コスト」であるし、あなたの残業時間は企業から見れば「資源」である。利益が相反することを話題にして良い印象にこぎつけるのは、なかなかにリスクの高い技だ。ただし、「企業の利益を2倍にして、給料を2倍にしたい!」などの数字的根拠のある、また頼りがいのある話であれば、逆に好印象を与えることもおおいにあるので、この内容を話題にする場合は、『企業の利益になる話』とセットで話すとよい。

2.企業と利害関係のない個人的な繋がりによるOB訪問、OG訪問について

 このパターンのOB訪問、OG訪問では、相手が快くしゃべってくれるのであれば、1で聞けない内容を大いに質問するとよい。年収の上がり方、サービス残業の時間など、通常聞きにくい質問であっても、あなたが、企業の人事に「OB・OGからこんなことを聞いた」とリークする人間でないという信用を得られれば、実に役に立つ情報をいろいろ教えてくれるだろう。(もちろん、あなたはOB・OGから聞いた情報を、応募する企業の人事などに絶対話してはならない。)

 一部では、キャリアアップや評価の話もこれに該当する場合がある。コンサル業界など、転職を繰り返して年収を上げていくような業界や、勤続年数が少ない企業に応募する場合は、企業を辞めた後、どこに転職するか、もしくは起業するかなどを聞くことができるだろう。

まとめ
 
 

OB訪問、OG訪問に行く企業ともなると、おそらく本命のひとつである企業であると思うが、そんな企業だからこそ、ぜひ対応を間違えないでいただきたい。そこを見極められるかどうかも、事前の評点と関係してくるのだから。

(ちなみにOB・OG訪問のマナーはこちら↓
 OB訪問・OG訪問対策とマナー/メール文例・電話、服装、質問、お礼の仕方

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事